沿革

株式会社コタニの沿革を紹介します。

創業者 小谷正博(現社長)
加西市に個人組織として小谷鍛工所を創立

1970 昭和45

小谷鍛工所を創立

法人に改組、小谷鍛工株式会社に商号を変更

法人に改組、小谷鍛工株式会社に商号を変更

1974 昭和49

1979 昭和54

加西市下宮木町に第2工場を建設

第2工場を建設

売上高10億円突破、生産量80万個/月を達成

1982 昭和57

資本金1,200万円に増資
全自動によるFF車用ベアリングの生産開始
(1988年に本製品の工法特許取得)

FF車用ベアリング

1983 昭和58

1,000ton温間5工程プレス(Eライン)を導入

1986 昭和61

ベアリング用冷間ローリング機を導入

1989 平成1

1,200ton温間5工程プレス(Hライン)を導入

資本金9,800万円に増資し、
社名を小谷鍛工株式会社から株式会社コタニに変更

株式会社コタニ

1991 平成3

 

1993 平成5

熱間ローリング機(バニング社製)
(1994年に本製品の工法特許取得)、
1,600ton熱間5工程プレス(Iライン)を導入

資本金30,000万円に増資

1998 平成10

自家発電機を導入

ハイポイドギア新工法を開発(特許取得)

ハイポイドギア新工法を開発(特許取得)

1999 平成11

ISO/9002の認証を取得(4月)

2000 平成12

2,500tonプレス(Aライン)、揺動鍛造設備を導入

 

2001 平成13

3,000tonプレス(Kライン)を導入

3,000tonプレス(Kライン)

QS9000の認証を取得(10月)

2002 平成14

 

2003 平成15

1,600tonプレス(Dライン)を導入

ISO/14001の認証を取得

2004 平成16

1,600tonプレス(Mライン)を導入

ISO/TS16949の認証を取得
資本金32,640万円に増資

工場

2005 平成17

第4工場(機械加工)を増設(4月)
2,500tonプレス(Rライン)を導入

2006 平成18

加西南産業団地に(加西南)工場を新築(4月)
2,500tonプレス(Sライン)、1,200tonプレス(Tライン)、
2,000tonプレス(Uライン)を導入

資本金 57,595万円に増資
コタニポーランド 操業開始

コタニポーランド

2007 平成19

熱間ローリング機(H/R-Fライン)を導入

2008 平成20

加西南第2工場を建設(9月)



加西南第2工場を建設(9月)

資本金 30,000万円に減資
 コタニポーランドから
ヒルシュフォーゲル・コタニ・ポーランドへ社名変更
(ドイツの鍛造大手ヒルシュフォーゲル社と
合弁事業契約締結)

2009 平成21

ヒルシュフォーゲル社へポーランド事業を譲渡

2011 平成23

2012 平成24

第5工場を建設
加西南工場に3,500tonプレス(Xライン)を導入

2013 平成25

愛知県安城市に東海営業所を開設

中国に進出決定(江蘇省張家港市)
 小谷(張家港)精密鍛造有限公司設立(1月)

ヒルシュフォーゲル社へポーランド事業

2014 平成26

熱間ローリング機(H/R-Gライン)を導入

2013 平成25

資本金10,000万円に減資

2013 平成25

KOTANI Mexico,S.A.de C.V. 設立 (8月)

更なる挑戦へ。

  • 会社案内
  • コタニの製品
ページTOPへ