社員紹介

わたしたちが、コタニの製品を送り出しています。

  • PREV
  • 一覧に戻る
  • MEXT

経営企画部 山下悟志(入社10年)

更なる高みを目指し、
新しいことに挑戦する。

技術部技術開発課
 宇高佳昭(2007年 入社)

担当業務について

製造に使用する鍛造プレスの金型やプレス付属部品等の設計・見直し・改善

鍛造工程の生産性向上・品質改善・不良削減などの技術的な改善業務が私の仕事です。具体的には鍛造プレス金型やプレス付属部品等の設計、既存設計の見直し、設計の変更などを行っています。 鍛造の現場で出来上がった製品の品質確認をしたり、CAD・CAEを使用して作図・シュミレーションを行ったりと、色々な業務があって楽しいですが、一番楽しさを感じるのは、自分で問題を分析し、導かれた考察から対策を設計に盛り込み、新設計金型で実際に鍛造・検証を行い、対策の効果を目で見て確認できるところです。

コタニでの仕事の魅力

先輩達が出来ないと諦めていた案件を引き継ぎ、自分の力で達成出来たこと

先輩たちが出来ないと諦めていた案件を引き継ぎ、自分の力で改善を実現したことにより、年間670万円の費用削減効果を上げることが出来たときは、今までで一番嬉しかったです。 改善の内容は、工程設計の理由から金型を都度使い捨てにする設計にしていたのですが、これだと数十万円かけて製作した金型が製造(鍛造)の度に無駄になってしまいます。そこで、使用済み金型を再利用できる形状に再設計したのですが、金型形状を何通りも設計し、CAEを活用して鍛造時の工程の流れをシュミレーションすることで、理論上ベストの工程設計を見つけだすことができました。シュミレーションがなければ実際に鍛造プレスにて実機テストを行うわけですが、シュミレーションを活用することで実機コストを大幅に削減することができました。

今後挑戦したいこと

新しい技術の開発

技術で得た知識・経験とを活かし、再度生産技術としてラインの改善。また、社内でしか働いていないので、客先等の社外とのやり取りや、海外工場等グローバルな場で幅広く働きたい。

就活生の皆さんへ

周りの意見に流されるのでなく、自分の意思をしっかりと持って就職先を選んでください。 また焦ったり、頑張りすぎたりせずに、学生生活の最後である今を存分に楽しんでください。

  • PREV
  • 一覧に戻る
  • MEXT

  • 社長メッセージ
  • コタニ挑戦の歴史
ページTOPへ